■2009年12月

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■会社を休んで・・・

本日は獣医さんへ

ウチのフレブル(4歳)が
調子を崩しておりまして
2週間程通院していましたが快復せず
前日のエコーの結果、開腹検査となってしまいました。

先生「お腹開いたら呼ぶからね」

ってコトだったので待合室で
 ドキドキしながら待ってたのですが
 いつまでたっても呼ばれず

心配の絶頂に達したとき
 「ガラガラガラ」と手術室の扉が開きました。

先生「コレが腸に入ってたよ」

と指差す方を見ると
 長さ30cm、幅1cmほどの布切れ・・・

「普通、コレは食べないだろ!」と
 言わずにはいられない程の布切れ・・・

ハイ、飼主の不注意ですね。 反省です。

詳細ですが
布が腸で引っ掛かり、腸が蛇腹状になってしまい
他の臓器を圧迫してしまっていた様です。

また、布はレントゲンに写らないらしく
幅も細かったため、お通じもあり
先生的にも「まさか」の結果だった様です。

しかし、悪性の腫瘍等の心配をしていたので、少しほっとしました。
ただ、腸へのダメージは大きいとのコト、しばらくは気を付けないとね。
スポンサーサイト

プロフィール

yopy

Author:yopy
えっ?

カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。